社会保険労務士の魅力とは?

通信講座を受講して、社会保険労務士になろうと考えているのなら、何か魅力があったのだと思います。
それは仕事的なことかも知れませんし、収入的なことかもしれません。
そこでこのページでは、社会保険労務士について、もう一度理解してもらうために、
仕事と収入の魅力について説明していきます。

まず、社会保険労務士の仕事についてですが、企業で働く従業員の労務問題を解決する エキスパートになります。

具体的には、社会保険や労働保険関係の手続きを企業に変わって手続きをすることや、 従業員が働きやすい環境を整えるために就業規則を作成したりします。
また、従業員の採用や募集のコンサルタント業務や社内研修の指導も社会保険労務士の仕事です。 ここで全て上げればきりがありませんが、つまり企業の「ヒト」を扱っている仕事をしているのです。

そうした仕事をしていることから、社会保険労務士の重要性は非常に大きくなります。
何故なら、企業にとってヒトは、とても重要な財産になり、なくてはならない存在なので、 そのヒトを取り扱う社会保険労務士の存在は必要となるからです。
しかもまだまだ社会保険労務士の人数が足りないと言われていますから、
将来性も十分にある資格といっても良いと思います。

次の魅力は何と言っても収入の高さです。
自宅を事務所して開業できるので、資金はほとんど必要なく独立し、
通常の会社員では考えられないくらいの額になることも珍しくなりません。
1000千万円はザラですし、私の知る限り2000万円以上稼いでいる人もいます。
たぶんもっともっと稼いでいる人もいるでしょう!

しかし現実的に考えれば当然リスクもあります。
社会保険労務士の顧客は、企業となるため、独立してすぐに成功するには、
それなりの人脈やマーケティングスキルが必要となります。
ですが、はじめからそんな人は中々いません。
そこでまずは、企業や社会保険労務士事務所に就職して 人脈を作ってから独立したほうが成功しやすくなります。

また、今は独立開業しないで、企業に就職して活躍している企業内社会保険労務士も増えていると聞きます。

どちらにせよ、魅力はあることに変わりはないので、本格的に社会保険労務士を目指す価値はあります。