そもそも通信講座とは?

通信講座の学校選びをする前に通信講座について、理解する必要があります。
そうでないと本当に良い通信講座の本質を見抜く事が出来ません

通信講座とは、資格や教養、職能を身に付ける際に自宅やそれ以外で勉強することのできるシステムです。
受講すると問題集やテキストが送られていて、講座の指示のもと勉強していくことになります。 さらに通信講座は、あくまでも学校ですので、質問があった場合にもきちんと対応してくれますし、勉強がわからなくなっても、それに対応するだけの仕組みは、
どの通信講座にあると思います。

しかし、ここで一つの疑問が出てきます。
それは、独学と何が違うのということです。
確かに質問や疑問があった場合に対応してくれるメリットはありますが、
通学と違いその場で、質問することは出来ないので、タイムラグが生まれ決して効率的といえません。
また、テキストに関しても市販されているより精度が高いのは明らかですが、
それだけで社会保険労務士に合格できるほど、簡単な試験ではありません。
しかも社会保険労務士の講座は、安くても4~5万円もします。
独学なら、2万円以内に抑えることは可能です。

ではその違いはなんでしょうか?
やはり講義を視聴できると言う事です。
今の通信講座は、インターネットや電気製品の発達に伴い、通学を利用しなくても、
DVDやCD、インターネットを利用して自宅で講義が視聴できるようになりました。
それにより、今までの通信講座の欠点であった「勉強がわからなくて挫折しやすい」という弱点を克服する事が出来るのです。
これが通信講座を利用する際に一番のメリットになるのです。
さらに通信講座の場合は、通学のように講師のレベルにバラツキがなく専用に講義を収録することになるので、その学校で一番レベルの高い講師に当り、勉強するモチベーションもわいて来ます。ですから、通信講座で勉強しても合格する事ができるのです。

しかし、実際は大手通信講座でも講義を視聴できない学校があります。
それだと独学とほとんど変わらない上、高い受講料だけ払わされるハメになります。
だから、通信講座を受講しても合格できなくて、悪いイメージがついてしまうのです。

いいですか、通信講座を利用する際は、まずはそのメリットを十分に理解して下さい。
そのメリットに満たしていない、通信講座を選んでも失敗するだけです。
もちろん講義が聞けるだけが通信講座ではありませんが、まずそこがしっかりとしていなくては、話になりません。

とにかくこのページでいいたい事は、通信講座=講義が視聴できるということです。