社会保険労務士の通信講座選び!

社会保険労務士の通信講座を選ぶポイントを語る前にまず、大切なポイントがあると説明しました。 それは「講義が視聴できること」「いつでも何処でも勉強できる仕組みになっていること」 の2点です。
これを踏まえた上で、以下のポイントを確認して下さい。

テキストのポイント!
■適度な分量のテキスト
社会保険労務士は、出題範囲が広いので、全て網羅するのは、ほぼ不可能といっても良いと思います。それ故、今までの試験傾向を分析して出題範囲を絞ったテキストでなくてはいけません。
しかし、通信講座の場合は、直接テキストをみることができないので、問い合わせて見るほか 確認のしようがありせん。 一つの目安として、各科目1000ページを超えるものは論外です。

■テキストのサイズはB5
何故、テキストのサイズがB5なのかというと、B5だと持ち運びに便利で、鞄に入れていても 邪魔にならないサイズだからです。
しかしこれがA4だとサイズが大きすぎて持ち運びに不便な上、電車の中で読む場合でも 周りに迷惑がかかり、少しはずかしい気分にもなります。
それでは、いつでも何処でも勉強できるスタイルにはなりません。
このテキストのサイズに関しても、ホームページに載っていないと思うので
直接お問い合わせ下さい。

■イラスト、図表、フルカラーのテキスト
勉強する時間が少ない人にとって、効率的に知識を吸収するためには、
テキストの見せ方も需要になります。
イラスト、図表になっている事で、法律の理解をスムーズにし、フルカラーになっていることで、脳に刺激を与え記憶しやすくする効果があります。
逆に文字だけだと理解するのに一苦労して、勉強するモチベーションを保つことはできません。

講義のポイント!
■DVDが用意してあること
講義を視聴できれば、短時間で知識を吸収して、効率よく勉強していくこと出来ます。
但し、講義なら何でも良いというわけではなく、DVDを使い大きな画面で、講師と目線を合わせながら見たほうが、画面に迫力があり、勉強もしやすくなります。

■ハイビジョン撮影していること
講義メディアの場合、ライブで視聴する講義よりもリアリティーに欠け、長時間見ているのは、 困難になります。 一般的なDVD講義は、三脚にカメラを1台置いて、教室で撮影している、素人撮りです。 通信講座専用ではなく、学校を運営している通信は、このパターンが多いと思います。 これだと見ていて直に飽きてしまい、勉強するモチベーションを保つことは出来ません。
ですが、これが専用のスタジオでハイビジョン撮影していれば、画面に臨場感がでて、
よりリアルな講義に近づくことができます。

■CD講義も用意していること
何処でも勉強しなくてはいけないと考えれば、外でも講義を視聴できることに越した事はありません。そうなればCDを使い、電車の中や休憩時間、昼食時に聞くことができるので、 時間を効率的に使うことが出来ます。
DVDだけではなく、CD講義も用意してください。

その他について!
■疑問、質問に対応していること
わからならい問題に対していつまでも悩んでいれば、時間の無駄です。
そんな時は、実際に質問をすれば直に解決することができます。
ただし、しっかりとした講義メディアが付いていれば質問はほとんど出ないと思います。
ちなみに私は通信講座を利用して、社会保険労務士に合格しましたが、
講義を視聴できたので、質問は一度もしていません。 逆に質問が多いということは、
テキストがわりにくかったり、講義が視聴できなかったりすると言えます。