社会保険労務士の試験に必要なモチベーションアップ法!

社会保険労務士は、多くの勉強時間が必要となるので、途中で挫折してしまう可能性もあります。 しかしそれでは、今まで頑張って勉強したことは水の泡になり、無駄な時間を過ごしたって、 いうことにもなりかねません。
ですから、常にある程度のモチベーションを保つことが大切です。

では、モチベーションを保つためにはどうすれば良いのでしょうか?
一般的に言われているのが、報酬を設けることや目標を設定する事です。
しかしそれでは弱いと思います。

何故なら、社会保険労務士を受験する方のほとんどは、自主的にはじめると思います。
そうした場合、報酬を設けても、自分が自分に対して与えることなので、
いくらでもどうにでもすることができます。
例えば、1ヶ月間120時間勉強すれば、自分が欲しかったバックを買うとします。
ですが、もし目標の勉強時間に達しなくても、今回は頑張ったから良いかぁ~と言う事に なりかねません。
そこには、相当な強い意思が必要ですし、逆に強い意思があれば、勉強に挫折する事はないはずです。目標設定にしたって同じです。
人間は弱い動物なので、困難なことに直面すれば、どこかで、妥協してしまう恐れがあります。 だからモチベーションの保つ方法と言うのは難しいのです。

しかしそれでは答えになっていないので、私が考えるモチベーションを保つ方法は、
常に勉強する事です。
どういうことかというと、私も良くあったのですが、勉強がわからならくなりやる気がしない事や、仕事で疲れて勉強どころではなく、途中で投げ出したことがありました。
ですが、それでは絶対に合格できません。

良く、したくない時はやらなくても良いと言う人がいますが、それは疑問です。
人間は一度楽を覚えてしまうとそれが癖になってしまうからです。

だからどんなにモチベーションが上がらなくても、まずは勉強する事です。
以外と勉強してみれば集中力が増して、続けられるものです。
ですから、私はモチベーションが上がらない時こそ勉強していました。

もしかしたら、答えになっていないかもしれませんが、それが最善の方法だと思います。